西洋医学×カイロ~気象病へのアプローチ~

「気象病」とは

月に1回せたがや内科・神経内科クリニックにて、カイロ治療を行っております。治療している患者さんは、せたがや内科・神経内科クリニックの患者さんで気象病や自律神経失調症でお悩みの方です。

気象病とは、天気が崩れる前日などに体調が悪くなるというもの。そのような患者さんに見られるの特徴の一つとしてストレートネックが挙げられます。ストレートネックによる頚椎の歪みはカイロプラクティックによって改善することができます。

レントゲン診断を受けるメリット

医師によるレントゲン診断を受けられるのが、せたがや内科でカイロ治療を受ける大きなメリットでしょう。カイロプラクティック治療の変化を視覚的に評価するというのはなかなかできません。もっとも欧米では、カイロプラクターはレントゲン撮影を行うことができ、一般的な検査として普及しております。

余談ですが、カイロプラクティックが創始された1895年は、ビルヘルム・レントゲンによってX線(いわゆるレントゲン)が発見された年です。

気象病でお悩みの方は、せたがや内科・神経内科クリニックにお問い合わせください。

※イラストは内耳と言う耳の奥にある器官です。ここで気圧の変化を感じています。

院長 古川聖

レントゲン診断を受けるなら

当院と提携しており、信頼のおけるクリニックです。

せたがや内科・神経内科クリニック
〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-39-12

お電話番号:03-6805-6418