スタッフ紹介

古川 聖(Furukawa Kiyoshi)

古川聖

・神奈川県横浜市出身
・1974年9月19日生
・一児(娘)の父、猫好き、たまにサーフィン
・休診日⇒ 日曜日、水曜日(午後)

経歴・カイロプラクティック教育審議会認可5年制教育プログラム
RMIT大学日本校健康科学部カイロプラクティック学科卒(2000)
・卒後、同大学常勤講師として勤務(2000~2009)
・同大学付属新橋外来センター主任就任(2006~2009)
・同大学同窓会会長就任(2005~2009)
・日本カイロプラクターズ協会常務理事就任(2003~2013)
・同協会副会長就任(2005~2013)
・第3回統合医療学会一般講演発表(2003)
「カイロプラクティック治療における患者の実態調査」
・第4回統合医療学会一般講演発表(2004)
「仙腸関節に対するカイロプラクティックによる重心分散の変化」
・医学雑誌ペインクリニックVol.28に共著論文掲載(2007)

・KIZUカイロプラクティック日本橋分院勤務(2008~2011)
・KIZUカイロプラクティック二子玉川院長就任(2011~)
・東京カレッジオブカイロプラクティック非常勤講師就任(2016~)
・カイロプラクティックネットワークプロジェクト代表就任(2017~2019)
認定・取得資格・応用理学士(医科学)
 Bachelor of Applied Science (Clinical Science)


・カイロプラクティック理学士
 Bachelor of Chiropractic Science


・WHO承認世界カイロプラクティック連合(WFC)加盟団体
日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員
・日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定#654
・グラストンテクニック認定クリニシャン

カイロプラクティックとの出会い

私は高校生のとき、ラグビー部でした。試合中、ラック(スクラム)の中で相手チームの選手に顔を踏まれてしまい、右顎が痛みで開かなくなるという事がありました。

整形外科→口腔外科→大学病院に行きましたが「レントゲンで異常は見られない、湿布で様子見て」と同じ説明を受けるだけで症状に変化はありませんでした。途方に暮れていたところ、知人からカイロを紹介してもらい、半信半疑で治療院を訪れました。

期待していなかったカイロでしたが、ものの15分で口が開くようになりました。人生で5本の指に入る衝撃でした。

後日、その先生から「こんな大学が出来たんだけど興味ない?」と母校の入学案内を頂きました。入学後、先生がおっしゃるには「君はカイロを選んだつもりでいるけど、実はカイロが君を選んだんだよ」との事。

当時はナンノコッチャでしたが、20年経った今ではそんな気もしています。

 

原田 晃伸(Harada Akinobu)

・長崎県長崎市出身
・1993年3月10日生
・休診日⇒水曜、月曜(午前)、木曜(午前)

経歴

・中京大学スポーツ科学部競技スポーツ学科卒

・第9回日本カイロプラクティック科学学会学術大会

「カイロプラクティックケアが糖代謝機能に及ぼす影響」

・カイロプラクティック教育審議会認可4年制教育プログラム
東京カレッジオブカイロプラクティック卒

(旧RMIT大学日本校健康科学部カイロプラクティック学科)

認定・取得資格

・ドクター オブ カイロプラクティック
 Doctor of Chiropractic
・国際カイロプラクティック試験合格
 International Board of Chiropractic Examiners
・WHO承認世界カイロプラクティック連合(WFC)加盟団体
 日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員
・日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定#920

・IASTM SMART TOOLS 認定プロバイダー

カイロプラクティックとの出会い

私は大学時代にサッカー部のトレーナーをしておりました。
怪我をした選手のリハビリを担当しましたが、復帰してもすぐに同じ部位を痛めて戻ってくる選手を見てきて自分の無力さを痛感しておりました。

そんな折、高校時代からお世話になっていた先生から卒後の進路についてカイロプラクティックというものを教えて頂きました。身体や怪我のケアなどをさらに深く学びたいと感じてたこともあり、即答で入学を決めました。

カイロプラクティックは手技による根本治療ができると知り、スポーツトレーナーの知識にも役立つと考えていましたが、患者さんが笑顔で帰って行くことに喜びを感じ更に学びたいと思うようになりました。

 

廣田 美絵子(Hirota Mieko) ~セラピスト~

・秋田県能代市
・10月27日生
・趣味 水泳、読書、温泉

 

セラピストになった理由

20代の頃は冷えと頭痛に悩まされていました。
腰痛もひどく、整体に通うもなかなかよくならず、血行不良が原因と考えセルフケアで始めたリフレクソロジー(足裏マッサージ)が効果あり、頭痛も腰痛もなくなりました。
あらゆる不調が血行不良と関係していると思い、アロマテラピー・セラピストの資格を取り、現在多くの方と向き合っております。
体の緊張をほぐし、心も身体も軽くなり、明日への活力がチャージできたらうれしいです。

 

山本 このみ(Yamamoto Konomi) ~セラピスト~

・北海道新十津川町出身
・3月17日生
・趣味 ゴルフ、スキー、登山、マラソン、料理

 

セラピストになった理由

美容学校時代に【美顔術】の授業を受け、『施術によって外から見える美は勿論のこと内面からの美も引き出すことができる!セラピストとしての専門家になりたい!』と感動したことがきっかけでした。
国際団体のディプロマを取得したのち、サロンやクリニックに勤務することで数多くの知識や技術を得てきました。
アロマ・リンパセラピーや東洋医学などの専門知識と技術で、皆様の健康にお力添えできれば幸いです。

 

 

岡田 薫(Okada Kaoru) ~受付スタッフ~

・東京都府中市出身
・4月2日生
・趣味 映画鑑賞、スポーツ観戦(川崎フロンターレサポーター)

 

患者さんへのメッセージ

受付をしていると施術後に患者さんの顔色がとても良くなっていることに気づきます。数回通院していただくと表情まで明るくなり、私までとても嬉しくなってきます。
少しでも患者さんが良くなるようお手伝いさせていただくとともに、また会いたくなる受付を目指して頑張ります!(笑)

 

佐山 恵子(Sayama Keiko) ~受付スタッフ~

・神奈川県秦野市出身
・9月15日生
・趣味 ウクレレ、ボディボード

患者さんへのメッセージ

さまざまな症状の患者様が安心して来院いただけるよう、患者様1人1人に寄り添った対応を心がけています。気持ちよく施術を受けていただき、来て良かったと思っていただけるよう努力します。何かありましたら遠慮なくお声かけください。