何回くらいでよくなりますか?

「何回くらいでよくなりますか?」

辛い症状から早く解放されたいというお気持ちから、患者さんはよく質問されます。
ただ、治るまでの“回数”はいろいろな要素に左右されるため、この質問に答えるのは意外と難しいのです。

症状を抱えてきた期間や患者さんの年齢、生活習慣などよって治るまでの回数は変わってきます。「1回で治してほしい」と言われることもありますが、そのような治療はカイロプラクティックの範疇ではありません。

カイロプラクティックの目指すところは根本治療です。体の根幹をなす背骨に注目し、自分自身で治ろうとする体の恒常性、いわゆる自然治癒力を引き出すのです。焦る気持ちも十分に分かりますが、根気強く治療を受けていくことが逆に健康への近道なのです。

カイロプラクティックで健康に至るまでには3つのステップがあります。

ステップ1(集中ケア)では、集中して症状の改善を行っていきます。治療の間隔は短めで、ゆがみが戻ってしまう前に矯正を繰り返していき、体に正しい状態を覚えさせます。

ステップ2(安定ケア)は、症状が寛解してくる段階です。治療の方針を効果の維持に移行していきます。治療の間隔を少しずつ空けていき、症状とゆがみが戻らないよう注意が必要です。この段階で油断するとステップ1を行ったり来たりしてしまいます。

ステップ3(メンテナンスケア)は、良い状態をキープするために行います。症状を予防することと健康増進が目的ですが、万が一再発してしまっても、もうステップ3に入っている人は改善が早いです。治療の間隔は1~2ヶ月に1回で定期健診のような感じになります。

院長 古川聖