世田谷区二子玉川駅から徒歩3分の自然治癒力を引き出し改善を目指す整体

KIZUカイロプラクティック二子玉川


二日前から急激に表れた足の付け根の痛み 11歳 サッカー少年

26755619_1486366201432452_380528137_n.png<症状>
5歳からサッカーを続けている小学校5年生男子、セレクションにめでたく合格した為、週に5日サッカーに明け暮れる生活がより一層ハードになった。

遡れば2週間前に違和感はあったが、2日前から痛みとして認識するようになり来院前日のサッカー練習後に週に一回のスイミングに行ったところ症状が急激に悪化した。

来院時は左足を前に出すことも地面につくこともできず、歩行に難があった。お母さんの自転車の後ろに乗せてもらったが自転車を跨いで足を開くこともできなかった。

<検査・治療・経過>
初診時強い痛みから検査にも制限があったが股関節の可動と腰部の動きの両方で痛みは誘発する。痛みの箇所も自覚として限局できず、痛みの場所も移動し痛み方もよくわからないとの訴え。股関節自体は検査・触診および痛みが強く判断材料としては不足であったため患部から離れて腰部の調整から行った。

第四腰椎の左後方変位が顕著に診られ、大腿神経の走行に痛みの箇所がある事も確認できた。初回の調整は第四腰椎の歪みを中心に施術。 施術後、施術台を跨いで座るように開脚が可能になりスムーズに立ち上がることもできた。 2回目以降、直接的に腸腰筋を中心に股関節周囲筋の緊張緩和も加えて行い計4回の施術で気にならずに足を動かせるようになった。

元々の姿勢の悪さがあったため、現在は姿勢改善とメンテナンスで加療中。


<コメント>
今回の痛みは股関節の可動に伴うものであり、筋骨格系を考慮したくなるものでしたが主な原因は腰椎の捻れと周囲の筋緊張が大腿神経に歪みが影響を及ぼしていた事でした。 このような歪みや神経の問題はストレッチなどで安易には緩和しづらく、正しく判断できなければ逆に痛みが増してしまう事もあります。 また運動をしていると痛みを我慢しながら、回復を見込みながら無理な動きをして悪化させてしまう事もあります。

今回も残念ながら重要な試合の出場は1度見送ってもらいました。 適切に判断できるカイロプラクターへの相談をお薦めいたします。 副院長 西尾 有貴

KIZUカイロプラクティック二子玉川のご案内

住      所:
〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-25-15-2F
アクセス:
東急田園都市線、大井町線
『二子玉川駅』から徒歩3分
玉川高島屋タワーパーキング2F
※高島屋駐車場3時間無料
お問い合わせ・ご予約
03-5797-9439
受付時間:
【午前】10:00-13:00
【午後】15:00-20:00
定休日:
祝日のみ

ネット予約はこちら


ページ上部へ